検索したいキーワードを入力してをクリックしてください。

このカメラでは、液晶モニター(LCD)をタッチパネルとして使用できます。

撮影時のタッチ操作について

タッチパネルを使用するときは、D操作ボタン・ダイヤル設定 > タッチパネル設定 > タッチパネル ON/OFFONにします。

EVF使用時のタッチ操作

ファインダー(EVF)を使用しているときに液晶パネル(LCD)をタッチパネルとして使用して、フォーカスエリアを変更できます。D操作ボタン・ダイヤル設定 > タッチパネル設定 > EVFタッチパネル有効範囲で動作範囲を設定できます。

LCD使用時のタッチ操作

タッチ操作で静止画を撮影したり、フォーカスエリアを変更したりすることができます。撮影画面のタッチパネルモードアイコンをタッチするごとに、タッチ操作を変更できます。

タッチパネルモード 意味

ショット

シャッターボタンを押す代わりに、ピントを合わせたいところの画面をタッチして撮影します。連写撮影では、画面を押し続けている間、連続撮影します。

AF

フォーカスモードがS(AF-S)のときは、タッチした場所にピントを合わせ、AF ロックします。AFロックを解除するには、AF OFFアイコンをタッチします。

フォーカスモードがC(AF-C)のときは、タッチした場所にピントを合わせ続けます。ピント合わせの動作を解除するには、AF OFFアイコンをタッチします。

フォーカスモードがM(MF)のときは、ワンプッシュAFの動作になり、タッチした場所にピントを合わせます。

エリア選択

フォーカスエリアに設定したい場所をタッチすると、タッチした場所にフォーカスエリアが移動し、ピントを合わせる位置や拡大表示の位置が変更できます。

OFF

タッチによるフォーカス切り替え、ピント合わせ、撮影を行いません。

ピント位置拡大中は、タッチパネルの動作が異なります(aピント位置拡大中のタッチパネルの動作)。

D操作ボタン・ダイヤル設定 > タッチパネル設定 > タッチパネル ON/OFFOFFのときは、タッチパネルモードアイコンは非表示になり、タッチ操作の切り替えはできません。

Gフォーカス設定 > タッチパネルモードでもタッチ操作を切り替えることができます。動画撮影時のタッチ操作については、「動画撮影時のタッチ操作(タッチパネルモード)」をご覧ください。

動画サイレント操作

撮影メニューのB動画設定 > 動画サイレント操作ONにすると、液晶モニターにFSETボタンが表示されます。FSETボタンを押すと、タッチ操作で次の撮影時の設定を変えられます。動画撮影中にカメラの操作音を記録したくないときに便利です。

FSETボタン

  • シャッタースピード *
  • 絞り *
  • 露出補正
  • 感度
  • 内蔵マイクレベル設定/外部マイクレベル設定
  • 風音低減
  • ヘッドホン音量
  • Fフィルム シミュレーション
  • Fホワイトバランス

動画サイレント操作ONのときは、ダイヤル操作は無効になります。

タッチファンクション

このカメラでは、画面を左右上下にフリックすることで、ファンクションボタンと同様に機能を呼び出すことができます(aFn(ファンクション)ボタン)。

  • T-Fn1(画面を上フリック)
  • T-Fn2(画面を左フリック)
  • T-Fn3(画面を右フリック)
  • T-Fn4(画面を下フリック)

割り当てた機能によっては、設定画面を表示後、項目の設定をタッチ操作で行えます。

再生時のタッチ操作について

D操作ボタン・ダイヤル設定 > タッチパネル設定 > タッチパネル ON/OFFONのときは、1コマ再生時に以下のタッチ操作ができます。

スワイプ

画面上を指で掃くように動かすと、前後の画像を表示できます。

ダブルタップ

画面を2 回タッチすると、ピントを合わせた位置を拡大表示できます。

マルチタッチ(ピンチアウト)

画面上に2 本の指を置き、指の間隔を広げるように動かし、画像を拡大表示できます。

ドラッグ

拡大表示中に、表示される画像の範囲を移動できます。

マルチタッチ(ピンチイン)

画面上に2 本の指を置き、指の間隔を狭めるように動かし、画像を縮小表示できます。

元の表示画像より縮小した画像は表示できません。