検索したいキーワードを入力してをクリックしてください。

A電源レバー

Bシャッターボタン

C露出補正ダイヤル

DFn1ボタン

Eダイヤルロック解除ボタン

Fシャッタースピードダイヤル

Gホットシュー

Hマイク

IAF補助光ランプ
セルフタイマーランプ

Jマイク/リモートレリーズ端子カバー

K視度調節ダイヤル

Lストラップ取り付け部

Mシンクロターミナル

Nレンズ信号接点

Oレンズ取り外しボタン

PFn2ボタン

Qドライブボタン

Rフロントコマンドダイヤル

Sマイク/リモートレリーズ端子(φ2.5)

Tホットシューカバー

Uボディキャップ


Vファインダー(EVF)

Wアイカップ

XVIEW MODEボタン

Yb(消去)ボタン

Zフォーカスモード切換レバー

aFn3ボタン

bリアコマンドダイヤル

cFn4ボタン

dFn5ボタン

eQ(クイックメニュー)ボタン

fHDMI端子カバー

gメモリーカードスロットカバー

hメモリーカードスロットカバーロック

iインジケーターランプ

jUSB、電源端子カバー

kスピーカー

l三脚用ねじ穴

mバッテリーカバー

nバッテリーカバーロック

oチルト式液晶モニター(LCD)
タッチパネル

pDISP/BACK(表示/戻る)ボタン

qa(再生)ボタン

rMENU/OK(メニュー/決定)ボタン

sフォーカスレバー

tHDMIマイクロ端子(Type D)

uメモリーカードスロット1

vメモリーカードスロット2


wバッテリー挿入部

xバッテリー取り外しつまみ

yUSB端子(Type-C)

zDC-IN15V端子

ケーブルプロテクターについて

Aケーブルプロテクターは、ACパワーアダプターやUSBケーブルを使っているときに、ケーブルに引っかかってケーブルが抜けたりするのを防ぐためのものです。プロテクターは、図のように取り付け、ネジを回して固定します。

Bケーブルを差し込んで、図のように通します。

銘板プレート

FCC ID、KCマーク、シリアル番号などが印刷されていますので、銘板プレートは取り外さないでください。

銘板プレート

フォーカスレバー

フォーカスレバーを八方向に動かしたり、中央を押したりしてフォーカスエリアを設定できます。メニューを表示しているときは、メニュー項目の選択に使用できます。

シャッタースピードダイヤル

シャッタースピード(S.S.)ダイヤルは、ダイヤルロック解除ボタンを押して、ロックを解除してからダイヤルを回します。ロック解除ボタンをもう一度押すと、ダイヤルがロックされます。

ドライブボタン

ドライブボタンを押すと、ドライブモード選択画面が表示されドライブモードを選択できます。

ドライブモード
B 1コマ撮影(aプログラムで静止画を撮影する
I 連写(a連続撮影(連写)
O AEブラケティング(aAEブラケティング
W ISOブラケティング(aISOブラケティング
X フィルムシミュレーションBKT(aフィルムシミュレーションBKT
V ホワイトバランスBKT(aホワイトバランスBKT
X ダイナミックレンジBKT(aダイナミックレンジBKT
Z フォーカスBKT(aフォーカスBKT
j 多重露出(a多重露出撮影
F 動画(a動画を撮影する

露出補正ダイヤル

露出補正ダイヤルで、露出を補正できます。

コマンドダイヤル

フロントコマンドダイヤルまたはリアコマンドダイヤルで、以下の操作ができます。

回転

メニュータブ、ページの切り替え

プログラムシフト

絞り値の変更 *1、2

露出補正 *4

ISO感度の設定 *1

前後の画像を表示(再生時)

*1 D操作ボタン・ダイヤル設定 > コマンドダイヤル設定で設定を変更可能

*2 絞りリングにCポジションがあるレンズで、Cポジションに設定されているとき

*3 ファンクションボタンにフォーカスチェックが割り当てられているときのみ

*4 露出補正ダイヤルがCの位置のとき

回転

メニュー項目の選択

プログラムシフト

シャッタースピードの変更 *1

クイックメニューの設定値を変更

フォーカスエリアのサイズ変更

画像を再生ズーム(再生時)

画像をマルチ再生(再生時)

中央押し

ピント位置拡大表示 *3

マニュアルフォーカス時にMFアシストの設定切り替え(長押し) *3

ピント位置拡大表示(再生時)

*1 D操作ボタン・ダイヤル設定 > コマンドダイヤル設定で設定を変更可能

*2 絞りリングにCポジションがあるレンズで、Cポジションに設定されているとき

*3 ファンクションボタンにフォーカスチェックが割り当てられているときのみ

*4 露出補正ダイヤルがCの位置のとき

インジケーターランプ

インジケーターランプの色や点灯/点滅で、カメラの状態がわかります。

インジケーターランプ カメラの状態
緑色点灯 被写体にピントが合っています。
緑色点滅 AF警告、シャッター低速警告です(撮影できます)。
緑と橙色の交互点滅

電源オン時:メモリーカードに画像を記録しています(続けて撮影できます)。

電源オフ後:画像をスマートフォンに転送しています。 *

橙色点灯 メモリーカードに画像を記録しています(続けて撮影できません)。
橙色点滅 フラッシュ充電中です(フラッシュは発光しません)。
赤色点滅 画像記録異常、またはレンズ異常です。

* 転送予約した画像がある場合

画面にも、警告表示が表示されます。

ファインダーを覗いているときは、インジケーターランプは点灯/点滅しません。

液晶モニター

液晶モニターをチルトすると、液晶モニターを見やすい角度に調整して撮影できます。液晶モニターをチルトしているときは、指などが挟まらないようにご注意ください。また、内側の配線などには触れないでください。故障の原因となります。

液晶モニターはタッチパネルとして操作できます。タッチパネルでは以下の操作ができます。