検索したいキーワードを入力してをクリックしてください。

カメラの操作ボタンや操作ダイヤルに関する設定を変更できます。


MENU/OKボタンを押して、D(セットアップ)タブを選び、操作ボタン・ダイヤル設定を選びます。

フォーカスレバー設定

フォーカスレバーの設定を変更できます。

設定 説明
OFF(ロック) 撮影中はフォーカスレバーは使用できません。
nボタンでON フォーカスレバーの中央を押すとフォーカスエリア選択画面が表示され、フォーカスレバーでフォーカスエリアを選択できます。
ON フォーカスレバーを動かすとフォーカスエリア選択画面が表示され、フォーカスレバーでフォーカスエリアを選択できます。

クイックメニュー登録/編集

クイックメニューに表示するメニューを変更できます。

  1. セットアップメニューからD操作ボタン・ダイヤル設定 > クイックメニュー登録/編集を選びます。

    クイックメニュー登録/編集画面が表示されます。

  2. 割り当てを変更するメニューを選び、MENU/OKボタンを押します。

    割り当てられるメニューは次のとおりです。

    A 画像サイズ

    A 画質モード

    V フィルムシミュレーション

    V グレイン・エフェクト

    V カラークローム・エフェクト

    V ダイナミックレンジ

    V ホワイトバランス

    V ハイライトトーン

    V シャドウトーン

    V カラー

    V シャープネス

    V ノイズリダクション

    V カスタム選択

    A AFモード

    A 顔検出/瞳AF設定

    A MFアシスト

    A タッチパネルモード

    A セルフタイマー

    A 測光

    A シャッター方式

    A フリッカー低減

    V 感度

    A フラッシュ機能設定

    A フラッシュ調光補正

    A 動画モード

    A マイクレベル設定

    A EVF/LCD明るさ

    A EVF/LCD鮮やかさ

    A なし

    V印はカスタム登録が可能なメニューです。

    なしを選ぶと、クイックメニューの割り当てはなくなります。

    カスタム選択を選ぶと、クイックメニューにはBASEと表示され、現在の設定を表しています。

  3. 割り当てるメニューを選び、MENU/OKボタンを押します。

    クイックメニューにメニューが割り当てられます。

  4. クイックメニューの割り当ては、撮影画面でQボタンを長押ししても変更できます。

ファンクション(Fn)設定

ファンクションボタンに割り当てる機能を設定できます。

  1. セットアップメニューからD操作ボタン・ダイヤル設定 > ファンクション(Fn)設定を選びます。

  2. 割り当てを変更するファンクションボタンを選び、MENU/OKボタンを押します。

    割り当て可能な機能は次のとおりです。

    画像サイズ

    画質モード

    RAW

    フィルムシミュレーション

    グレイン・エフェクト

    カラークローム・エフェクト

    ダイナミックレンジ

    ホワイトバランス

    カスタム選択

    フォーカスエリア選択

    フォーカスチェック

    AFモード

    AFスピードアップ

    顔検出/瞳AF設定

    ドライブボタン

    セルフタイマー

    AEブラケティング設定

    フォーカスBKT設定

    測光

    シャッター方式

    フリッカー低減

    感度

    35mmフォーマットモード

    ワイヤレス通信

    フラッシュ機能設定

    TTL-LOCK

    モデリング発光

    マイクレベル設定

    被写界深度確認

    マニュアル時モニター露出/WB反映

    ナチュラルライブビュー

    ヒストグラム

    電子水準器

    情報表示拡大モード

    フロントコマンドダイヤル切替

    AE LOCKのみ

    AF LOCKのみ

    AE/AF LOCK

    AF-ON

    ロック指定

    撮影後 自動画像転送

    ペアリング接続先選択

    Bluetooth ON/OFF

    再生モード

    なし

  3. 割り当てる機能を選び、MENU/OKボタンを押します。

なしを選ぶと、ファンクションボタンの割り当てはなくなります。

AE LOCKのみAF LOCKのみAE/AF LOCKAF-ONT-Fn14(タッチファンクション)に割り当てることはできません。

ファンクションボタンの割り当ては、DISP/BACKボタンを長押ししても変更できます。

AF-ONの割り当て

AF-ONを割り当てたボタンを押してシャッターボタン半押しの状態を保つことができます。

モデリング発光の割り当て

モデリング発光に対応したクリップオンフラッシュを装着している状態で、モデリング発光を割り当てたボタンを押すと、撮影前に、被写体の影の出かたなどを確認するためのモデリング発光を行えます。

TTL-LOCK の割り当て

TTL-LOCKを割り当てたボタンを押すと、Fフラッシュ設定 > TTL-LOCKモードで設定されているモードでロックできます(aTTL-LOCKモード)。

コマンドダイヤル設定

フロントコマンドダイヤルとリアコマンドダイヤルの機能を設定できます。

設定 説明
フロントコマンド
ダイヤル1
フロントコマンドダイヤル1にシャッタースピード(S.S.(プログラムシフト))または絞り値(絞り(プログラムシフト)) *1を割り当てます。
フロントコマンド
ダイヤル2
フロントコマンドダイヤル2フロントコマンドダイヤル3に、シャッタースピード(S.S.(プログラムシフト))、絞り値(絞り(プログラムシフト)) *1露出補正 *2、ISO感度(ISO)、またはなしを割り当てます。
フロントコマンド
ダイヤル3
リアコマンド
ダイヤル
リアコマンドダイヤル回転時の機能をシャッタースピード(S.S.(プログラムシフト))、絞り値(絞り(プログラムシフト)) *1露出補正 *2、ISO感度(ISO)、またはなしに割り当てます。

*1 絞りリングがCの位置のとき

*2 露出補正ダイヤルがCの位置のとき

コマンドダイヤル設定は、Fn2ボタンを長押ししても設定できます。

Fn2ボタンを押すたびに、フロントコマンドダイヤル1フロントコマンドダイヤル2フロントコマンドダイヤル3の順に切り替えます。

Fn2ボタンは、D操作ボタン・ダイヤル設定 > ファンクション(Fn)設定で他の機能を割り当てることができます。また使用するファンクションボタンは変更できます(aファンクションボタンの割り当て変更)。

半押しAF

ONにすると、シャッターボタン半押し時にオートフォーカスでピントを合わせます。

サブメニュー 説明
AF-S

ON:シャッターボタンを半押しすると、オートフォーカスでピントを合わせ、ピントを固定します。

OFF:シャッターボタンを半押ししてもフォーカスに関する動作は行いません。

AF-C

ON:シャッターボタンを半押ししている間、オートフォーカスでピントを合わせ続けます。

OFF:シャッターボタンを半押ししてもフォーカスに関する動作は行いません。

半押しAE

ONにすると、シャッターボタン半押し時にAEロック(露出を固定)します。

サブメニュー 説明
AF-S/MF

ON:シャッターボタンを半押しすると、AEロック(露出を固定)します。

OFF:シャッターボタンを半押ししてもAEロックしません。

AF-C

ON:シャッターボタンを半押ししている間、AEロック(露出を固定)し続けます。

OFF:シャッターボタンを半押ししてもAEロックしません。

連写時に露出を追従させたいときは、OFFにしてください。

レンズなしレリーズ

ONにすると、レンズを未装着でシャッターがきれます。

設定値
ON OFF

カードなしレリーズ

メモリーカードが未挿入時の動作を設定できます。

設定 説明
ON メモリーカードが未挿入のときもシャッターがきれ、動作を確認できます。撮影メニューやセットアップメニューも表示できます。
OFF メモリーカードが未挿入のときはシャッターがきれません。メモリーカードの入れ忘れ防止などに便利です。

フォーカスリング

マニュアルフォーカス時(フォーカスモードがMのとき)に遠距離側に合わせる場合の、フォーカスリングの回転方向を変更できます。

設定 説明
X時計回り フォーカスリングの回転方向をX時計回りに設定します。
Y反時計回り フォーカスリングの回転方向をY反時計回りに設定します。

AE/AF-LOCK設定

AEロックまたはAFロックを割り当てたファンクションボタンを押したときの機能を変更できます。

設定 説明
AE/AF-LOCK押下中のみ ボタンを押している間、固定されます。
押下切替 ボタンを押すと固定され、もう1度ボタンを押すと解除されます。

タッチパネル設定

液晶画面(LCD)のタッチ操作を行うかどうかを設定できます。

サブメニュー 説明
タッチパネル
ON/OFF

ON:液晶画面(LCD)をタッチパネルとして使用します。

OFF:液晶画面(LCD)をタッチパネルとして使用しません。

EVFタッチパネル有効範囲

EVF使用時に液晶画面(LCD)をタッチパネルとして使用できます。

タッチパネルの有効範囲を次の中から選びます。

  • 6(全面で動作)
  • 0(右半分で動作)
  • 2(右上1/4側で動作)
  • 4(右下1/4側で動作)
  • 1(左半分で動作)
  • 3(左上1/4側で動作)
  • 5(左下1/4側で動作)

OFFを選ぶと、タッチパネルとして使用しません。

ロック

カメラのボタンや機能をロックして誤操作を防止できます。機能別にロックするボタンや機能を選ぶこともできます。

設定 説明
ロック指定

解除:ロック指定を解除します。

全てロック機能別ロック設定で選択できる全てのボタンや機能を一括でロックします。

機能別ロック機能別ロック設定で選んだボタンや機能をロックします。

機能別ロック設定 ロック指定機能別ロックを選んだときにロックするボタンや機能を選びます。