検索したいキーワードを入力してをクリックしてください。

撮影時は、ファインダー(EVF)/ 液晶モニター(LCD)に次の情報が表示されます。

説明のため情報はすべて表示しています。

EVFの表示画面

Aマイク

Bリモートレリーズ

Cフラッシュ(TTL モード)

D調光補正

Eセルフタイマー

F連写モード

Gシャッター方式

HAF+MF *2

IBluetooth ON/OFF

Jホワイトバランス

Kフィルムシミュレーション

Lダイナミックレンジ

M画像転送状況

N日付・時刻

O動画モード *3

P動画撮影の残り時間 *3

Qカードスロット設定

R撮影可能枚数 *1

S画像サイズ

T画質モード

Uタッチパネルモード

V温度警告

WAFフレーム

Xヒストグラム

Yバッテリー残量表示

ZISO感度

a露出補正

b絞り値

cシャッタースピード

dTTLロック

eAEロック

f測光モード

g撮影モード

hフォーカスモード *2

i合焦マーク *2

jマニュアルフォーカス *2

kAFロック

l距離指標バー *2

mマイクレベル *2、3

n露出インジケーター

o電子水準器

p位置情報取得状態

q35mmフォーマットモード

r被写界深度確認

sフォーカスチェック

tブレ防止 *2

*1 撮影可能枚数が9999枚以上でも「9999」と表示されます。

*2 D表示設定 > 情報表示拡大モード(EVF)ONにすると、非表示になります。

*3 動画時のみ表示されます。

LCDの表示画面

Aブレ防止 *2

Bフォーカスチェック

C被写界深度確認

D位置情報取得状態

E35mmフォーマットモード

FBluetooth ON/OFF

G画像転送状況

H動画モード *3

I動画撮影の残り時間 *3

Jカードスロット設定

K撮影可能枚数 *1

L画像サイズ

M画質モード

N日付・時刻

Oタッチパネルモード *4

Pホワイトバランス

Qフィルムシミュレーション

Rダイナミックレンジ

S温度警告

TAFフレーム

Uヒストグラム

V距離指標バー *2

Wバッテリー残量表示

XISO感度

Y露出補正

Z絞り値

aシャッタースピード

bTTLロック

cAEロック

d測光モード

e撮影モード

fフォーカスモード *2

g合焦マーク *2

hマニュアルフォーカス *2

iAFロック

jAF+MF *2

kシャッター方式

lマイクレベル *2、3

m連写モード

n露出インジケーター

oセルフタイマー

pマイク

qリモートレリーズ

rフラッシュ(TTL モード)

s調光補正

*1 撮影可能枚数が9999枚以上でも「9999」と表示されます。

*2 D表示設定 > 情報表示拡大モード(LCD)ONにすると、非表示になります。

*3 動画時のみ表示されます。

*4 タッチ操作で切り替えることができます。

縦表示について

カメラを縦向きで撮影するときは、D表示設定 > 縦横自動回転表示ONにすると、ファインダー(EVF)または液晶モニター(LCD)の情報表示が縦向きになります。

EVFとLCDの切り替え

VIEW MODEボタンを押すごとに、ファインダー(EVF)と液晶モニター(LCD)の表示が以下のように切り替わります。

設定 内容
E
アイセンサー
ファインダーに目を近づけると、アイセンサーの働きにより、表示が自動的にファインダーに切り替わります。目を離すと液晶モニターに表示が戻ります。
EVF ONLY ファインダーにのみ表示します。
LCD ONLY 液晶モニターにのみ表示します。
EVF ONLY+E ファインダーに目を近づけたときだけアイセンサーの働きにより、ファインダーに自動的に表示されます。
E
アイセンサー+
LCD撮影画像表示
撮影時はファインダーに目を近づけると、アイセンサーの働きにより、自動的にファインダー表示になり、撮影後に目を離すと液晶モニター表示で撮影画像を確認できます。

アイセンサーについて

目以外のものを近づけたり、直射日光が当たったりしても、アイセンサーが反応することがあります。

液晶モニターをチルトしている時はアイセンサーが無効になります。

アイセンサー

EVF/LCDの明るさ・鮮やかさ調整

屋外で使用するときは、太陽光などの影響によって画面が見えにくくなる場合があります。その場合は、D表示設定 > EVF明るさEVF鮮やかさでファインダー(EVF)の明るさや鮮やかさを調整し、D表示設定 > LCD明るさLCD鮮やかさで液晶モニター(LCD)の明るさや鮮やかさを調整します。

視度調節ダイヤル

ファインダー内の表示が見えにくいときは、ファインダーを覗きながら視度調節ダイヤルを回し、ファインダーの表示がもっともはっきり見えるように調節してください。

視度調節は、次の手順で行います。

A視度調節ダイヤルをつまんで引き出します。

Bダイヤルを回して視度を調節します。

C視度調節ダイヤルを押し込んでロックします。

視度調節ダイヤルは必ず引き出してから回してください。引き出さずに回すと、故障の原因になりますのでご注意ください。

情報表示の切り替え

撮影モードでDISP/BACKボタンを押すごとに表示が切り替わります。

EVFとLCDは、それぞれ個別に表示の切り替えを行ってください。EVFの表示を切り替えるときは、ファインダーを覗きながらDISP/BACKボタンを押してください。

ファインダー(EVF)

フル   フル(情報表示なし)

2画面
(マニュアルフォーカス時のみ)
  ノーマル

ノーマル(情報表示なし)

液晶モニター(LCD)

スタンダード   情報表示なし

2 画面
(マニュアルフォーカス時のみ)
  INFO画面

2画面について

「2画面」表示では、撮影画面全体を表示する親画面(大きい画面)とピントを合わせた位置を拡大表示する子画面(小さい画面)の2画面を表示します。

「スタンダード」画面の表示について

撮影時の「スタンダード」画面に表示したい項目は、D表示設定 > 画面のカスタマイズで選択できます。

  1. DISP/BACKボタンを押して、「スタンダード」画面に切り替えます。

  2. セットアップメニューからD表示設定 > 画面のカスタマイズを選びます。

  3. 表示したい項目を選び、MENU/OKボタンを押します。

    画面に表示する項目には、Rが表示されます。Rが表示されている状態でMENU/OKボタンを押すと、選択が解除されます。

    • フレーミングガイド
    • 電子水準器
    • AFフレーム
    • AF時の距離指標
    • MF時の距離指標
    • ヒストグラム
    • ライブビューハイライト警告
    • 撮影モード
    • 絞り/シャッター速度/ISO
    • 情報表示背景
    • 露出補正表示
    • 露出補正ゲージ
    • フォーカスモード
    • 測光
    • シャッター方式
    • フラッシュ
    • 連写モード
    • ブレ防止
    • タッチパネルモード
    • ホワイトバランス
    • フィルムシミュレーション
    • ダイナミックレンジ
    • 撮影可能枚数
    • 画像サイズ&画質モード
    • 動画モード&録画時間
    • 35mmフォーマットモード
    • 画像転送予約
    • マイクレベル
    • バッテリー残量表示
    • 画面枠
  4. 各項目を設定し、DISP/BACKボタンを押します。

    設定が保存されます。

  5. DISP/BACKボタンを押して撮影画面に戻り、表示内容を確認してください。

電子水準器について

カメラの傾きを感知して表示します。三脚設置時など、カメラを水平にしたいときは、2 本の線が重なるよう、カメラの傾きを調整してください。カメラのレンズ面を上下に向けたときは、表示が消えることがあります。電子水準器を割り当てたファンクションボタンを押すと、図のような3D表示になります(aファンクション(Fn)設定ファンクションボタンの割り当て変更

水平方向

垂直方向

画面枠について

背景が黒いときなど、撮影範囲がわかりにくいときに画面枠をオンにすると、撮影画面内の縁に枠が表示されます。

ヒストグラム表示について

ヒストグラムとは明るさの分布をグラフ(横軸:明るさ/縦軸:ピクセル数)に表したものです。被写体によってグラフ形状は異なります。

ピクセル

 
シャドウ 明るさ ハイライト

適正露出の場合:全体的にピクセルの数が多く、山なりに分布します。

露出オーバーの場合:ハイライトのピクセル数が多く、右に偏ります。

露出アンダーの場合:シャドウのピクセル数が多く、左に偏ります。

ヒストグラムを割り当てたファンクションボタンを押すと、RGBヒストグラムとライブビューハイライト警告表示(高輝度部分が点滅)になります(aファンクション(Fn)設定ファンクションボタンの割り当て変更)。

A高輝度部分が点滅

BRGBヒストグラム表示