検索したいキーワードを入力してをクリックしてください。

モードダイヤルをF(動画)に合わせて撮影するときの設定ができます。


動画撮影画面でMENU/OKボタンを押して、B(動画設定)タブを選びます。


動画モード

撮影する動画の画像サイズとアスペクト比、フレームレート、ビットレートを変更できます。

  1. 撮影メニューから B動画設定 > 動画モードを選び、MENU/OKボタンを押します。

  2. フォーカスレバーの上下で動画の画像サイズとアスペクト比を選び(A)、フォーカスレバーを右に動かします。

    • V16:9d17:9を選ぶと、それぞれアスペクト比16:9または17:9の4K動画を撮影します。
    • W16:9W17:9を選ぶと、それぞれアスペクト比16:9または17:9のFULL HD動画を撮影します。
  3. フレームレートを選び(B)、フォーカスレバーを右に動かします。

    設定値
    23.98P 24P 25P 29.97P 50P 59.94P
  4. ビットレートを選び(C)、MENU/OKボタンを押します。

    設定値
    50Mbps 100Mbps 200Mbps 400Mbps

フレームレート、ビットレートは、動画モードによって選択できる設定値が異なります。

ファイル形式

撮影する動画のファイル形式を変更できます。

設定 説明
MOV/H.265(HEVC) LPCM 圧縮効率が高く、最高画質/高音質で撮影できます。メモリーカードには4:2:0 10bitで、HDMIには4:2:2 10bitで出力します。
MOV/H.264 LPCM 高画質/高音質で撮影できます。 F-Log/HLG/RAW 撮影bHLG YHLG は選べません。
MP4/H.264 AAC

WEBへのアップロードなどに適した動画を撮影できます。以下の設定は選べません。

  • F-Log/HLG/RAW 撮影bHLG YHLGbP YF-LogbF-Log YP

MOV/H.264 LPCMMP4/H.264 AACのときはメモリーカードには4:2:0 8bit、HDMIには4:2:2 10bitで出力します。

自動的に変更される動画の設定について

MOV/H.264 LPCMMP4/H.264 AAC を選ぶと自動的に以下の設定が変更されます。

あらかじめ設定していた項目 変更後の設定
F-Log/HLG/RAW 撮影 bHLG YHLG bP YP
bP YF-Log * bF-Log YF-Log
bF-Log YP *

* MP4/H.264 AAC を選んだときのみ変更されます。

動画圧縮方式

撮影する動画の圧縮方式を変更できます。

設定 説明
ALL-Intra 撮影したコマを1コマずつ圧縮する方式です。データ量は大きくなりますが、各コマのデータが保存されているので編集を前提とした動画撮影に適しています。
Long GOP 良好な画質と高い圧縮率を備えた圧縮方式です。データ量は小さく、長時間の撮影に適しています。

動画クロップ倍率固定モード

動画のクロップ倍率を1.1倍に固定します。動画モードを変更したときに撮影範囲を合わせやすくなります。

設定値
ON OFF

F-Log/HLG/RAW 撮影

F-Log、HLG(Hybrid Log-Gamma)およびRAWで撮影された映像をどのように記録またはHDMI出力するかを設定します。

設定 説明
bP YP メモリーカードと外部レコーダーの両方にフィルムシミュレーション映像が記録・出力されます。
bF-Log YF-Log メモリーカードと外部レコーダーの両方にF-Logで撮影された映像が記録・出力されます。
bP YF-Log メモリーカードにはフィルムシミュレーション映像が記録され、外部レコーダーにはF-Logで撮影された映像が出力されます。
bF-Log YP メモリーカードにはF-Logで撮影された映像が記録され、外部レコーダーにはフィルムシミュレーション映像が出力されます。
bHLG YHLG メモリーカードと外部レコーダーの両方にHLGで撮影された映像が記録・出力されます。
bP YRAW メモリーカードにはフィルムシミュレーション映像が記録され、外部レコーダーにはRAWで撮影された映像が出力されます。
bF-Log YRAW メモリーカードにはF-Logで撮影された映像が記録され、外部レコーダーにはRAWで撮影された映像が出力されます。
bHLG YRAW メモリーカードにはHLGで撮影された映像が記録され、外部レコーダーにはRAWで撮影された映像が出力されます。

F-Logは、撮影後の映像処理(ポストプロダクション)を前提としたやわらかいガンマカーブで、広い色空間の映像になります。ISO感度はISO 800以上、ISO 12800以下になります。

HLG(Hybrid Log-Gamma)は、国際標準規格(ITU-R BT2100)に準拠した動画撮影方式のひとつです。HLG方式で記録した映像をHLG対応ディスプレイで再生することで、明暗差の大きいシーンや、彩度が高い被写体においてリアリティのある高品位な映像を表現できます。ISO感度はISO 1250以上、ISO 12800以下になります。撮影メニューのB動画設定 > H.265(HEVC)/H.264H.265(HEVC)を選んでいるときに撮影可能です。

フィルムシミュレーションの映像(P)は、撮影メニューのB動画設定 > Fフィルム シミュレーションで選んでいる設定になります。

bP YF-LogまたはbF-Log YPのときは、HDMI出力とカメラ内SDカード記録で、異なる画像サイズ(4K、Full HD)を選択することはできません。また、B動画設定の以下のメニューは使用できません。

  • 動画モードのフレームレート:59.94P50P
  • Vフレーム間ノイズリダクション
  • HDMI 出力情報表示

RAWで撮影された映像は、メモリーカードには記録できません。

RAWで撮影された映像は、カメラ内部の画像補正処理が反映されません。

カメラの画面に表示される画質や撮影範囲(画角)は、外部レコーダーに出力される映像とは異なります。RAWで出力された映像は外部レコーダーで確認してください。

外部レコーダーの表示画質は、外部レコーダーの仕様にもとづいてRAWから作られる映像であり、最終的なポストプロダクションなどで得られる映像を再現できない場合があります。

HDMI 出力にRAWを選んだときは、カメラの画面の拡大表示機能は使用できません。

RAWで撮影された映像を、対応している外部レコーダー以外でHDMI出力すると、モザイク画像が表示され正しく表示できません。

HDMI出力にRAWを選んだときは、メモリーカードに記録される映像(PF-LogHLG)のISO感度はISO 1250以上、ISO12800以下になります。

4K映像出力先

カメラをHDMIケーブルで4K対応の外部レコーダーなどに接続する場合、4K映像をどのように記録またはHDMI出力するかを設定します。

設定 説明
b4K Y4K メモリーカードと外部レコーダーの両方に4K映像が記録・出力されます。
b4K YFHD メモリーカードには4K映像が記録され、外部レコーダーにはFULL HD映像が出力されます。
bFHD Y4K メモリーカードにはFULL HD映像が記録され、外部レコーダーには4K映像が出力されます。
b— Y4K メモリーカードには何も記録されず、外部レコーダーには4K映像が出力されます。

あらかじめ、撮影メニューのB動画設定 > 動画モードV16:9またはd17:9を設定してください。

FULL HD映像出力先

カメラをHDMIケーブルで外部レコーダーなどに接続する場合、FULL HD映像をどのように記録またはHDMI出力するかを設定します。

設定 説明
bFHD YFHD メモリーカードと外部レコーダーの両方にFULL HD映像が記録・出力されます。
b— YFHD メモリーカードには何も記録されず、外部レコーダーにはFULL HD映像が出力されます。

あらかじめ、撮影メニューのB動画設定 > 動画モードW16:9またはW17:9を設定してください。

HDMI出力情報表示OFFのときは、4:2:2 10bitでHDMI出力されます。

HDMI出力情報表示

ONにすると、動画をHDMIで出力したときに、カメラに表示されている情報表示をそのまま表示します。

設定値
ON OFF

4K HDMI出力解像度(スタンバイ時)

HDMIケーブルで4K対応の外部レコーダーなどとの接続時、スタンバイ中にHDMI出力解像度を4KからFULL HDに切り替えるかどうかを設定します。

設定 説明
V スタンバイ中もHDMI出力解像度を4Kのまま維持します。
W スタンバイ中はHDMI出力解像度をFULL HDに切り替えます。バッテリーの消耗を抑えます。

HDMIレックコントロール

動画撮影時に、シャッターボタンと連動して動画の開始/停止制御信号をHDMI機器に送るかどうかを設定します。

設定値
ON OFF

F 測光

静止画撮影メニューと同じ機能ですが、動画撮影用に設定してください(a測光(静止画))。

Fブレ防止モード

手ブレ補正のON/OFFを設定します。

設定 説明
IBIS/OIS センサーシフト式(IBIS)と光学式(OIS)のブレ補正を行います。OISを搭載していないレンズを使用している場合は、IBISでブレ補正を行います。
IBIS/OIS + DIS IBISとOISに加え、電子式(DIS)のブレ補正を行います。動画モードに応じて画角がクロップされます。
OFF ブレ補正を行いません。三脚使用時などカメラが固定されている場合はOFFにしてください。OFFのときは、xが表示されます。

レンズに手ブレ補正のスイッチ(OISスイッチ)がある場合、レンズ側の設定が優先されます。

手ブレ補正機能が動作すると、振動や動作音を感じることがあります。

Fブレ防止モードブースト

手ブレ補正の強さを設定します。

設定 説明
ON 手持ちで構図を固定して撮影する場合に適しています。
OFF 手持ちで構図を変えながら撮影する場合に適しています。

ブレ防止モードブーストを割り当てたファンクションボタンを押すと、動画撮影中に設定を切り替えることができます(aファンクション機能)。

F感度

光に対するISO感度を変更できます。

設定 説明
H (25600) 拡張感度を設定できます。標準感度よりもダイナミックレンジが狭くなったり、ノイズが多くなったりする場合があります。
200~12800 設定値を選べます。設定した値は、画面に表示されます。
AUTO 被写体の明るさに応じてISO感度が自動的に設定されます。

ゼブラ設定

動画モードの画面に、露出オーバーで白とびが発生しそうな高輝度部分を縞状のパターン(ゼブラ)で表示できます。

設定 説明
ゼブラ右 右上がりのゼブラ表示になります。
ゼブラ左 左上がりのゼブラ表示になります。
ゼブラ表示しません。

ゼブラレベル

ゼブラ設定のゼブラレベル(輝度レベル)を設定します。

設定値
50 55 60 65 70 75 80 85 90 95 100

動画専用操作モードoL

ONにすると、コマンドダイヤルとタッチ操作で撮影時の設定を変更できます。動画撮影時、カメラの操作音を記録したくないときに便利です(a動画専用操作モードoL )。

設定値
ON OFF

タリーランプ

動画撮影中に点灯するランプの切り替え(インジケーターランプまたはAF補助光ランプ)や点灯または点滅の設定を変更できます。

インジケーターランプ

AF補助光ランプ

設定 説明
前面 OFF
背面 z
動画撮影中はインジケーターランプが点灯します。
前面 OFF
背面 y
動画撮影中はインジケーターランプが点滅します。
前面 z
背面 z
動画撮影中はインジケーターランプとAF補助光ランプが点灯します。
前面 z
背面 OFF
動画撮影中はAF補助光ランプが点灯します。
前面 y
背面 y
動画撮影中はインジケーターランプとAF補助光ランプが点滅します。
前面 y
背面 OFF
動画撮影中はAF補助光ランプが点滅します。
前面 OFF
背面 OFF
動画撮影中はインジケーターランプとAF補助光ランプは消灯します。

Fカスタム登録/編集

静止画撮影メニューと同じ機能ですが、動画撮影用に設定してください(aカスタム登録/編集(静止画))。

Fカスタム登録内容の自動更新

静止画撮影メニューと同じ機能ですが、動画撮影用に設定してください(aカスタム登録内容の自動更新(静止画))。

xFワイヤレス通信

静止画と共通のメニューです(axFワイヤレス通信(静止画))。