検索したいキーワードを入力してをクリックしてください。

静止画撮影時の画質に関する機能を設定できます。


静止画撮影画面でMENU/OKボタンを押して、H(画質設定)タブを選びます。

メニューに表示される項目は、撮影モードによって異なります。

画像サイズ

記録する画像の大きさを変更できます。

設定値
O4:3
(11648× 8736)
O65:24
(11648 × 4304)
O3:2
(11648 × 7768)
O5:4
(10928 × 8736)
O16:9
(11648 × 6552)
O7:6
(10192 × 8736)
O1:1
(8736 × 8736)
P4:3
(8256× 6192)
P65:24
(8256 × 3048)
P3:2
(8256 × 5504)
P5:4
(7744 × 6192)
P16:9
(8256 × 4640)
P7:6
(7232 × 6192)
P1:1
(6192 × 6192)
Q4:3
(4000 × 3000)
Q65:24
(4000 × 1480)
Q3:2
(4000 × 2664)
Q5:4
(3744 × 3000)
Q16:9
(4000 × 2248)
Q7:6
(3504 × 3000)
Q1:1
(2992 × 2992)

画像サイズは、カメラの電源をオフにしても撮影モードを切り替えても保持されます。

画質モード

用途に合わせて記録画像の圧縮率を変更できます。

設定 説明
SUPER FINE 圧縮率が低い最高画質のモードです。
FINE 圧縮率を低くして画質を優先するモードです。
NORMAL 圧縮率を高くして撮影枚数を優先するモードです。
SUPER FINE+RAW SUPER FINEで撮影したJPEG画像と、RAWファイルの両方を保存します。
FINE+RAW FINEで撮影したJPEG画像と、RAWファイルの両方を保存します。
NORMAL+RAW NORMALで撮影したJPEG画像と、RAWファイルの両方を保存します。
RAW RAWファイルのみを保存します。

ファンクションボタンを使ってRAW画像を撮影する

画質モードSUPER FINEFINENORMALを選択していても、ファンクションボタンにRAWを割り当てておくと、ファンクションボタンを押すだけでRAW画像を撮影できます(aファンクション機能)。再度ファンクションボタンを押すか、撮影すると、元の設定(左列)に戻ります。

設定されている画質モード ファンクションボタン(RAWを割り当て済み)を押した場合
SUPER FINE SUPER FINE+RAW
FINE FINE+RAW
NORMAL NORMAL+RAW
SUPER FINE+RAW SUPER FINE
FINE+RAW FINE
NORMAL+RAW NORMAL
RAW FINE

RAW記録方式

RAW画像の記録方式を設定できます。

記録方式

設定 説明
非圧縮 データを圧縮せずにRAW画像を保存します。
ロスレス圧縮 データを圧縮してRAW画像を保存します(データを完全に復元できます)。「Capture One Express Fujifilm」や、「RAW FILE CONVERTER EX powered by SILKYPIX」、「FUJIFILM X RAW STUDIO」などロスレス圧縮RAWの現像に対応したソフトウエアを使うとデータを欠落させずに現像できます。記録した画像は 非圧縮 と同等の画質になり、ファイルサイズは14bit RAWで約30 ~ 90%、16bit RAW で約45 ~ 100% になります。
圧縮 データを非可逆圧縮してRAW画像を保存します(データを完全には復元できません)。記録した画像は 非圧縮 とほぼ同等の画質になり、ファイルサイズは14bit RAWで約25 ~ 35%、16bit RAW で約30 ~ 40% になります。

出力

設定 説明
16 bit 16ビットのRAW画像を出力します。
14 bit 14ビットのRAW画像を出力します。

16 bitはドライブモードが1コマ撮影またはピクセルシフトマルチショットのときのみ有効です。

フィルムシミュレーション

撮影時の発色や階調を変更できます。被写体に応じてフィルムを再現した設定から選べます。表現意図に応じてフィルムを選ぶ感覚で、色再現や階調表現を使い分けることができます。

設定 説明
c
PROVIA/
スタンダード
標準的な発色と階調で人物・風景など幅広い被写体に適します。
d
Velvia/
ビビッド
高彩度な発色とメリハリある階調表現で風景・自然写真に最適です。
e
ASTIA/
ソフト
落ち着いた発色とソフトな階調でしっとりとした表現に適します。
i
クラシッククローム
発色をおさえ暗部のコントラストを高めることで落ち着いた表現に適します。
g
PRO Neg. Hi
コントラストを高めたややメリハリのあるポートレート撮影に適します。
h
PRO Neg. Std
やわらかな階調で肌色の質感を再現したいポートレート撮影に適します。
g
クラシックネガ
深い色とメリハリのある階調で、被写体をしっかりとした立体感で表現します。
n
ノスタルジックネガ
アンバーに味付けされたハイライトと色乗りの良いシャドウで、印刷された写真のような雰囲気を表現します。
X
ETERNA/
シネマ
落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンで動画に適します。
N
ETERNA
ブリーチバイパス
低彩度かつ高コントラストの独特な発色で撮影できます。動画撮影にも適します。
a
ACROS

質感豊かでシャープな表現のモノクロです。さらにYeRGのフィルターを選んでコントラストを調整します。

  • d ACROS + Yeフィルター:コントラストをやや強調し、青空が少し濃くなります。
  • cACROS + Rフィルター:コントラストを強調し、青空が濃くなります。
  • bACROS + Gフィルター:唇、肌の調子を出し、ポートレートに適します。
b
モノクロ

モノクロで表現します。さらにYeRGのフィルターを選んでコントラストを調整します。

  • eモノクロ + Ye フィルター:コントラストをやや強調し、青空が少し濃くなります。
  • dモノクロ + R フィルター:コントラストを強調し、青空が濃くなります。
  • fモノクロ + G フィルター:唇、肌の調子を出し、ポートレートに適します。
f
セピア
セピア調で表現します。

フィルムシミュレーション設定時も、トーンやシャープネスなどの変更が可能です。

この設定はショートカット機能でも設定できます(aショートカット機能について)。

フィルムシミュレーションについては、以下のサイトも併せてご覧ください。

aFilm Simulationの世界

モノクロームカラー

フィルムシミュレーションのa ACROSまたはbモノクロで撮影したモノクロの色調を、赤みがかかった温かみのある温黒調(ウォームトーン)や、青みがかった冷たさを感じる冷黒調(クールトーン)に調整できます。WARMからCOOL、またはG(緑)からM(マゼンタ)の2つの軸で調整できます。

グレイン・エフェクト

画像にザラっとした粒状の質感を与えます。

強度

設定 説明
濃い粒状を与えます。
薄い粒状を与えます。
OFF 使用しません。

粒度

設定 説明
粒の粗い質感を与えます。
粒の細かい質感を与えます。

カラークローム・エフェクト

赤や緑、黄色などの飽和しがちな彩度の高い色情報を階調豊かに表現します。

設定 説明
強い効果を与えます。
弱い効果を与えます。
OFF 使用しません。

カラークローム ブルー

青系の色情報を階調豊かに表現します。

設定 説明
強い効果を与えます。
弱い効果を与えます。
OFF 使用しません。

スムーススキン・エフェクト

人物の肌をなめらかに補正します。

設定 説明
強い効果を与えます。
弱い効果を与えます。
OFF 使用しません。

ダイナミックレンジ

撮影する画像のダイナミックレンジを変更できます。広いダイナミックレンジでの撮影は、逆光や明暗差の大きなシーンで白とびを抑えて、より見た目に近い画像を撮影できます。

設定 おすすめ用途
AUTO
(自動調整)
V100%

コントラストのある画像が撮影できます。

明暗差が大きいシーンでの、白とびを抑えます。

W200%
X400%

ダイナミックレンジが広くなるほど、画像にノイズが増えます。状況に応じてダイナミックレンジ設定を使い分けてください。

ダイナミックレンジAUTOのときは、V100%またはW200%で自動調整され、シャッターボタンを半押しすると絞りとシャッタースピードが表示されます。

W200%はISO感度がISO 200以上ISO 12800以下、X400%はISO 400以上ISO 12800以下のときに設定できます。

Dレンジ優先

明暗差の大きいシーンで、白とびと黒つぶれの両方を抑えるよう階調を補正して自然な印象の画像を撮影します。

設定 説明
AUTO 明暗差に応じて、自動的に階調を補正します。
階調補正を強くします。明暗差の大きいシーンに適しています。
階調補正を弱くします。明暗差のやや大きいシーンに適しています。
OFF 階調補正を行いません。

はISO感度がISO 200以上ISO 12800以下、はISO 400以上ISO 12800以下のときに設定できます。

Dレンジ優先OFF以外に設定されている場合、トーンカーブダイナミックレンジは自動的に設定されるため、変更することができなくなります。

ホワイトバランス

ホワイトバランスを太陽光や照明などの光源に合わせて設定することにより、見た目に近い色で撮影できます。

設定 説明
WA ホワイト優先 カメラが自動的にホワイトバランスを設定します。白熱電球下で白色が再現されやすくなります。
AUTO カメラが自動的にホワイトバランスを設定します。通常の撮影では、AUTOをおすすめします。
AA 雰囲気優先 カメラが自動的にホワイトバランスを設定します。白熱電球下で、より温かみのある雰囲気を出します。
k カスタム 1 白い紙などを使って、自分でホワイトバランスを設定します。
l カスタム 2
m カスタム 3
k 色温度設定 色温度を設定します。
i 晴れ 晴天の屋外での撮影用です。
j 日陰 曇天や日陰などでの撮影用です。
k 蛍光灯 1 昼光色蛍光灯の下での撮影用です。
l 蛍光灯 2 昼白色蛍光灯の下での撮影用です。
m 蛍光灯 3 白色蛍光灯の下での撮影用です。
n 電球 電球、白熱灯の下での撮影用です。
g 水中 水中での撮影を想定し、青かぶりを軽減します。

人物の顔をアップで撮影するときや特殊な光源を使って撮影するときなど、AUTOの設定で望んだような結果が得られないときは、光源にあったホワイトバランスを選ぶかカスタムホワイトバランスをお使いください。

フラッシュ発光時は、AUTO/WAホワイト優先/AA 雰囲気優先/g設定時のみフラッシュ用のホワイトバランスになります。光源の雰囲気を残したい場合は、フラッシュを発光禁止に設定してください。

この設定はショートカット機能でも設定できます(aショートカット機能について )。

WBシフト

ホワイトバランスを選んだあとに、MENU/OKボタンを押すと、WBシフト画面が表示され、シフト量を調整できます。フォーカスレバーでホワイトバランスのシフト量を調整します。

ホワイトバランスを選んだあとに、DISP/BACKボタンを押すと、シフト量を調整しないでホワイトバランスが設定されます。

フォーカスレバーでシフト量を調整するときは、フォーカスレバーによる斜め移動はできません。

カスタムホワイトバランス

カスタムホワイトバランスでは、自分でホワイトバランスを設定します。あらかじめ白い紙などの被写体をご用意ください。

白い紙の代わりに、色のついたものを使用すると、それを白の基準にするため、色味を意図的に変更することができます。

  1. ホワイトバランスの設定画面からカスタムホワイトバランス(k/l/m)を選びます。

  2. 白い紙などの被写体を画面内に表示します。

    MENU/OKボタンを押すと、ホワイトバランスシフト量を調整できます。

    カスタムホワイトバランスを取得するエリアのサイズや位置を変更することもできます。

  3. シャッターボタンを全押しして設定します。

    前回取得したホワイトバランスを使用するには、シャッターボタンの代わりにDISP/BACKボタンを押します。

  4. GOOD!」と表示されたら、MENU/OKボタンを押して決定します。

    • OVER」または「UNDER」と表示された場合は、ホワイトバランスを正しく測定できていません。
    • OVER」と表示されたときは-(マイナス)側に露出補正してから、再度測定してください。
    • UNDER」と表示されたときは+(プラス)側に露出補正してから、再度測定してください。

k 色温度を設定する

光源の色温度に合わせて設定します。

色温度を設定することで、青味や赤味を強調したイメージの画像や、実際の色味とは大きく異なる画像を意図的に撮影できます。

  1. ホワイトバランスの設定画面からkを選びます。

    色温度が表示されます。

  2. フォーカスレバーで色温度を調整し、MENU/OKボタンを押します。

    WBシフト画面が表示されます。

    リアコマンドダイヤルを回して10Kきざみで調整することもできます。

    色温度は2500Kから10000Kの間で調整できます。

    シフト量を調整しないときは、色温度を選んだあとにDISP/BACKボタンを押してください。

  3. フォーカスレバーでホワイトバランスのシフト量を調整します。

  4. MENU/OKボタンを押します。

    色温度が設定されます。設定した色温度が画面に表示されます。

色温度について

色温度とは、光の色を客観的な絶対温度(単位:K[ケルビン])で表したものです。色温度が低いほど赤味を帯び、色温度が高くなるほど青味を帯びた光色になります。

トーンカーブ

トーンカーブを参考にしながら、ハイライト部やシャドウ部の調子をそれぞれ設定できます。硬くしたいときは「+」側に、軟らかくしたいときは「-」側に設定します。

設定 設定値
ハイライト -2~+4
シャドウ -2~+4

カラー

画像の色の濃さを設定します。撮影画像の色を濃くしたいときは「+」側に、薄くしたいときは「-」側に設定します。

設定値
-4 -3 -2 -1 0 +1 +2 +3 +4

シャープネス

画像の輪郭をソフトにしたり、強調したりできます。輪郭を強調したいときは「+」側に、ソフトにしたいときは「-」側に設定します。

設定値
-4 -3 -2 -1 0 +1 +2 +3 +4

高感度ノイズ低減

高い解像感を優先するかノイズの少なさを優先するか、撮影者が重視するポイントによって、高感度における質感描写の調整ができます。よりノイズを低減してなめらかにしたいときは「+」側に、画像の輪郭を残したいときは「-」側に設定します。

設定値
-4 -3 -2 -1 0 +1 +2 +3 +4

明瞭度

ハイライト部とシャドウ部の階調をなるべく保ったまま、画像をはっきりとさせます。画像をはっきりとさせたいときは「+」側に、ソフトにしたいときは「-」側に設定します。

設定値
-5 -4 -3 -2 -1 0 +1 +2 +3 +4 +5

0以外の値に設定して撮影した場合、画像処理のため保存に時間がかかります。

長秒時ノイズ低減

ONにすると、長時間露光撮影時のノイズを低減できます。

設定値
ON OFF

ONにすると、画像処理のため保存に時間がかかります。

点像復元処理

ONにすると、レンズごとの焦点距離、絞り値、画面中心から周辺までのデータを高精度に処理することで、絞り込み時の回折ボケやレンズ周辺部のわずかなボケを補正します。画像のすみずみまで高いシャープネスやリアルな立体感が得られます。

設定値
ON OFF

色空間

画像の使用目的に合わせて、カラースペースを選択できます。

設定 説明
sRGB 一般的なディスプレイの基準色再現域で、通常の撮影ではsRGBに設定します。
Adobe RGB より広い色再現域を持つ色空間で、商用印刷用途などに適しています。

ピクセルマッピング

撮影画像の輝点が気になってきたときなどに実行すると、輝点が軽減されます。

  1. 撮影画面で MENU/OKボタンを押して、H画質設定タブを選びます。

  2. ピクセルマッピングを選びます。

  3. MENU/OKボタンを押して、ピクセルマッピングを実行します。

実行しても、思うように軽減されないことがあります。

十分に充電されたバッテリーをご使用ください。

カメラの温度が高いときはピクセルマッピングは実行できません。

処理には数秒程度かかることがあります。

カスタム登録/編集

自分好みの撮影メニューの設定を組み合わせて保存できます。保存した設定で撮影するときは、モードダイヤルをC1カスタム1)からC6カスタム6)のいずれかに合わせてから撮影します(aカスタムモード)。

xFマウントアダプター設定

マウントアダプターを装着したときの設定を行います。

動画の設定も同時に変更されます(axFマウントアダプター設定(動画))。

シャッター選択

レンズシャッター付きレンズをご使用の場合は、シャッター制御をボディ(カメラ本体)で行うか、レンズのシャッターで行うかを選びます。

ご使用になるレンズによっては、機能しない場合があります。

レンズ登録

レンズ1レンズ6にそれぞれレンズの設定を登録できます。OFFを選ぶとレンズの補正は行いません。

焦点距離設定

ご使用になるレンズの実焦点距離をフォーカスレバーで設定します。

歪曲収差補正

画像の周辺部が歪んでしまう「歪曲収差」を補正できます。タル型糸巻き型の補正を、それぞれの3段階で補正できます。

色シェーディング補正

画像中央部と周辺部の色の違いなど(シェーディング)を画像の四隅それぞれ個別に補正できます。

  1. リアコマンドダイヤルを回して、補正場所(画面の四隅)を選びます。三角マークで表示される隅をそれぞれ補正できます。

  2. フォーカスレバーで補正値(色・量)を設定します。画像中央部と周辺部の色の差がなくなるように調整してください。

    • レッド/シアン(横軸方向)-9+9の範囲でレッドとシアンの縁取りを補正します。
    • ブルー/イエロー(縦軸方向)-9+9の範囲でブルーとイエローの縁取りを補正します。

色シェーディング補正を効果的に行うためには、青空やグレーの紙など単色のものを撮影し、その画像で最適化してください。

周辺光量補正

画像の周辺光量を補正できます。補正量は、–5+50(ゼロ)の計11段階から選べます。

  • プラス側に補正すると周辺光量が上がり、オールドレンズでの補正に有効です。
  • マイナス側に補正すると周辺光量が下がり、古いレンズやピンホールカメラで撮影したような効果が得られます。

周辺光量補正を効果的に行うためには、青空やグレーの紙など単色のものを撮影し、その画像で最適化してください。

レンズ名編集

レンズ名を編集できます。