検索したいキーワードを入力してをクリックしてください。

各ファンクションボタンにはそれぞれ機能を1つ割り当てられます。ファンクションボタンを押すだけで機能を切り替えたり、設定画面を呼び出したりできます。


工場出荷時に割り当てられている機能とボタンの位置は以下のとおりです。

このカメラではT-Fn14の機能はタッチパネル(液晶画面)のフリック動作で機能を呼び出します。

タッチファンクションは工場出荷時の設定ではオフになっています。タッチファンクションを使用する場合は、D操作ボタン・ダイヤル設定 > タッチパネル設定 > cタッチファンクションONにしてください。

タッチファンクション

ファンクションボタン 割り当てられている機能

AT-Fn1(液晶画面を上フリック)

ヒストグラム

BT-Fn2(液晶画面を左フリック)

フィルムシミュレーション

CT-Fn3(液晶画面を右フリック)

ホワイトバランス

DT-Fn4(液晶画面を下フリック)

電子水準器

背面のファンクションボタン

ファンクションボタン 割り当てられている機能

AAEL/AFLボタン

AE/AF LOCK

Bリアコマンドダイヤル中央押し

フォーカスチェック

CFn1ボタン

測光

DQボタン

クイックメニュー

前面のファンクションボタン

ファンクションボタン 割り当てられている機能

AFn2ボタン

コントロールリング設定

Bファインダー切換レバー長引き

NDフィルター

ファンクションボタンの割り当て変更

DISP/BACKボタンを長押しすると、ファンクションボタンの割り当て設定画面を表示できます。

  1. 撮影画面でDISP/BACKボタンを長押しします。

  2. 割り当てを変更するファンクションボタンを選び、MENU/OKボタンを押します。

  3. 割り当てる機能を選び、MENU/OKボタンを押します。

AE LOCKのみAF LOCKのみAE/AF LOCKAF-ON、AWB LOCKのみT-Fn1~4(タッチファンクション)やファインダー切換レバー長引きに割り当てることはできません。

ファンクションボタンの割り当ては、D操作ボタン・ダイヤル設定 > ファンクション(Fn)設定からも設定できます。

割り当て可能な機能

割り当て可能な機能は次のとおりです。

  • 画像サイズ
  • 画質モード
  • RAW
  • フィルムシミュレーション
  • グレイン・エフェクト
  • カラークローム・エフェクト
  • カラークローム ブルー
  • ダイナミックレンジ
  • Dレンジ優先
  • ホワイトバランス
  • 明瞭度
  • カスタム選択
  • フォーカスエリア選択
  • フォーカスチェック
  • AFモード
  • AF-Cカスタム設定
  • 顔セレクトop *
  • 顔検出ON/OFF *
  • フォーカスリミッター
  • スポーツファインダーモード
  • セルフタイマー
  • AEブラケティング設定
  • フォーカスBKT設定
  • 測光
  • シャッター方式
  • フリッカー低減
  • 感度AUTO設定
  • コンバージョンレンズ
  • NDフィルター
  • ワイヤレス通信
  • フラッシュ機能設定
  • TTL-LOCK
  • モデリング発光
  • FULL HDハイスピード撮影
  • ゼブラ設定
  • 内蔵/外部マイクレベル設定
  • 動画サイレント操作
  • VIEW MODE設定
  • 被写界深度確認
  • マニュアル時モニター露出/WB反映
  • ナチュラルライブビュー
  • ヒストグラム
  • 電子水準器
  • 情報表示拡大モード
  • コントロールリング設定
  • スポット測光固定
  • AE LOCKのみ
  • AF LOCKのみ
  • AE/AF LOCK
  • AF-ON
  • AWB LOCKのみ
  • ロック指定
  • パフォーマンス
  • 撮影後 自動画像転送
  • ペアリング接続先選択
  • Bluetooth ON/OFF
  • クイックメニュー
  • 再生モード
  • なし(ファンクションボタンの割り当てなし)

* OVF表示時はファンクションボタンでの切り替えはできません。

AF-ONの割り当て

AF-ONを割り当てたボタンを押すと、シャッターボタン半押しの状態になります。

モデリング発光の割り当て

モデリング発光に対応したクリップオンフラッシュを装着している状態で、モデリング発光を割り当てたボタンを押すと、モデリング発光を行います。撮影前に被写体の影の出かたなどを確認できます。

TTL-LOCKの割り当て

TTL-LOCKを割り当てたボタンを押すと、Fフラッシュ設定 > TTL-LOCKモードで設定されているモードでロックできます(aTTL-LOCKモード)。

顔セレクトopの割り当て

顔セレクトopを割り当てたボタンで、顔セレクトopのオンとオフを切り替えることができます。

オンにすると、Gフォーカス設定 > 顔検出/瞳AF設定でピントを合わせる顔を、フォーカスレバーやEVF使用時のタッチ操作(aEVF使用時のタッチ操作)で選択できます。

オンにすると、フォーカスレバー、EVF使用時は以下の操作になります。

  • フォーカスレバーを動かしてピントを合わせる人物の顔を選択できます。フォーカスレバーの中央を押すと、ピントを合わせる位置を顔ではなく、フォーカスエリアに変更することができます(aフォーカスエリアの変更)。もう一度押すとピントを合わせる位置は顔に戻ります。
  • EVF 使用時はタッチパネル(液晶モニター)の操作やフォーカスレバーでピントを合わせる人物の顔を選択できます。

スポット測光固定の割り当て

スポット測光固定を割り当てたボタンを押すと、A撮影設定  > 測光の設定にかかわらず、測光モードがスポットで撮影できます。もう一度、ボタンを押すと、測光モードはA撮影設定  > 測光の設定になります。