検索したいキーワードを入力してをクリックしてください。

このカメラでは、富士フイルム製のFUJIFILM Xマウント対応の交換レンズが使用できます。このカメラでは、以下の富士フイルム製別売アクセサリーを使用できます。その他のアクセサリーについては、「カメラで使える別売アクセサリー」をご覧ください。


アダプターリング AR-X100

  1. フロントリングをはずします。

    フロントリングがはずれにくいときは、フロントリング全体をしっかりつかんで回してください。

  2. アダプターリングを取り付けます。

    図のように突起部が手前になるようにしてください。

はずしたフロントリングやレンズキャップは、なくさないように保管してください。

レンズフード LH-X100やプロテクトフィルター PRF-49/PRF-49S、市販のフィルターなどを取り付けるときは、必ずアダプターリング AR-X100 を先に装着してください。

レンズフード LH-X100

アダプターリングを取り付けてから、レンズフードを取り付けます。

切り欠き部分を合わせて、図のように回します。

プロテクトフィルター PRF-49/PRF-49S

アダプターリングを取り付けてから、プロテクトフィルターを取り付けます。

コンバージョンレンズ

  1. フロントリングをはずします。

    フロントリングがはずれにくいときは、フロントリング全体をしっかりつかんで回してください。

  2. コンバージョンレンズを取り付けます。

    図のように突起部が手前になるようにしてください。

はずしたフロントリングやレンズキャップは、なくさないように保管してください。

コンバージョンレンズの使い方

別売の専用コンバージョンレンズWCL-X100 IIまたはTCL-X100 IIを装着すると、カメラがコンバージョンレンズを検知して、自動で設定を切り替えます。画面にアイコン(x/y)が表示されます。

WCL-X100またはTCL-X100の場合は、カメラがコンバージョンレンズを検知しません。撮影メニューのA撮影設定 > コンバージョンレンズワイドまたはテレにしてください。

ワイドコンバージョンレンズを装着すると、OVFではブライトフレームの表示範囲を超えるため、フレーム範囲外警告が表示されます。より正確なフレーミングが必要な場合には、EVFまたはLCDでの撮影をおすすめします。

内蔵フラッシュを使用して撮影すると、画像の一部が暗くなることがあります。専用外部フラッシュのご使用をおすすめします。

コンバージョンレンズを使用しないときは、A撮影設定 > コンバージョンレンズOFFにしてください。