検索したいキーワードを入力してをクリックしてください。

撮影時のフラッシュに関する設定を変更できます。


撮影画面でMENU/OKボタンを押して、F(フラッシュ設定)タブを選びます。

メニューに表示される項目は、撮影モードによって異なります。

フラッシュ機能設定

フラッシュの発光モードや発光量または発光強度などを設定できます。使用するフラッシュによって設定できる項目が異なります。

各フラッシュの設定は「オプション品・外部機器の使い方」の「クリップオンフラッシュ」をご覧ください。

赤目補正

暗い場所でフラッシュ撮影したときの「赤目現象」を軽減します。

設定 説明
赤目抑制発光+
補正処理
赤目軽減を目的とした予備フラッシュ発光とデジタル補正による赤目補正を行います。
赤目抑制発光 赤目軽減を目的とした予備フラッシュ発光による赤目補正を行います。
補正処理 デジタル補正による赤目補正を行います。
OFF 赤目補正を行いません。

赤目抑制発光は、TTLモードで使用できます。

顔が検出できないときは、デジタル補正は使用できません。

RAWファイルの画像は、デジタル補正は使用できません。

TTL-LOCKモード

TTLロックの動作方法を設定します。TTLロックを使用すると、TTL発光による複数撮影においてフラッシュの発光量を一定にするためにプレ発光による演算結果をロックして撮影条件や調光を保つことができます。

設定 説明
直前の発光条件でロック カメラが記憶している直前の撮影で使用されたTTL発光の撮影条件でロックします。
調光発光してロック 調光発光して、その調光結果でロックします。

TTLロックを使用するには、ファンクションボタンにTTL-LOCKを割り当てます。割り当てたファンクションボタンを押すと、TTLロックを設定したり、解除したりすることができます(aファンクションボタンの割り当て変更)。

ロックしていても調光補正はできます。

直前の発光条件でロックを設定していても直前の発光条件がないときは、エラーメッセージが表示されます。

LEDライト設定

フラッシュのLEDビデオライトを静止画撮影時のAF補助光やキャッチライトとして使用するかどうかを設定できます。LEDライトを搭載したクリップオンフラッシュを使用しているときに設定できます。

設定 説明
キャッチライト キャッチライトとしてのみ使用します。
AF補助光 AF補助光としてのみ使用します。
AF補助光+
キャッチライト
AF補助光とキャッチライトとして使用します。
OFF どちらも使用しません。

フラッシュ機能設定メニューからも設定できる場合があります。

MASTER設定

富士フイルムの光通信方式ワイヤレス多灯フラッシュシステムのマスターフラッシュとして使用する際の、発光グループを設定できます。富士フイルムの光通信方式ワイヤレス多灯フラッシュシステムに対応したクリップオンフラッシュを接続している場合に設定できます。

設定 説明
Gr A Aグループに設定します。
Gr B Bグループに設定します。
Gr C Cグループに設定します。
OFF 撮影時には、撮影画像への影響を最小限に抑えた微小光量で発光します。

フラッシュ機能設定メニューからも設定できる場合があります。

CH設定

マスターフラッシュとリモートフラッシュ間の光通信チャンネルを設定します。近隣で本フラッシュシステムを使用している場合の混信による誤動作を防いだり、複数のフラッシュシステムを使い分けたりする際に便利です。

設定値
CH1 CH2 CH3 CH4

内蔵フラッシュ

内蔵フラッシュを使用するかどうかを設定します。

設定 説明
ON 内蔵フラッシュを使用します。
OFF 内蔵フラッシュを使用しません。別売のクリップオンフラッシュを使用したり、ホットシューにシンクロケーブルを取り付けて他のフラッシュを使用する場合に設定します。